FC2ブログ

選抜選考の合同練習について

当日は、出来るだけ選手達が、楽しく、リラックスして、プレーできるような環境作りを心がけながら練習をしようと考えています。選抜に全員連れて行ってあげられれば一番いいのですが、人数に制限があったり、お金がかかったりと、色々あり、どうしても選抜をしなければなりません。

まだ、私どもBBG普及委員会のほうでも、「選抜をするためのノウハウ」があるわけではないので、もしかすると、納得していただけない結果になる選手もでるかもしれません。でも、平等に、冷静な判断で、選手を選び、第一回目の遠征につなげようと考えています。

BBGフレンドシップマッチで終わりにせず、あえて、東京選抜遠征まで今年、無理をしてでもおこなうのは、とにかく、女子選手に目標や、夢を持ってもらうためです。そして、本当の意味での女子同士での競争や、切磋琢磨、レベルの向上につながると信じているからです。

そのあたりを御理解していただき、あたたかく見守っていただけたら嬉しいです。

今回、FAXでの参加、不参加の返信や、メールのやり取りなどで、沢山のBBG達の今の様子を聞かせてもらい感動しました。「やる気になりました!練習に必死になるようになりました!目標を見つけて嬉しそう!お友達が出来た!最高の夏の思い出が・・・」などなど、本当に沢山のBBGの頑張る姿に負けないように、私達大人も、彼女達を応援していきましょう。

長くなってすいません。文章を短くするのが、不得意な頓所でした(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めてのことばかりで苦悩の連続と思います。

だけど、これだけ丁寧に発信いただいていることで、
たくさんの野球ガール、その保護者たちから、
あたたかい反応をたくさんいただいていることは、
みなさんが自信をもって進めてよいということの
現れなんだと思います。

どんなによりよくやったつもりでも、みんなが100%
納得することなんてあり得ないわけですから、
顔色をうかがうことなく、みなさんのお考えで
突き進んでください!

うちのチームで、ちょっとしか出番がなかった
選手でも、本当にすごく喜んでやる気倍増に
なっています。本当に変わりました。

それだけでもとても嬉しいことなんです。

9/23はうちから参加希望1人。
大会にぶつかっていますが、
監督は喜んで送りだしてくれる姿勢でいます。
逆に参加希望の本人が悩んでいるくらい(笑)

個人的な意見ですが

「平等に」とか「冷静に」とかあまり考えず、
「俺のチームには、この選手が欲しい!」という指揮官の熱意ある独断と偏見で選べばよいのでは?
それが選抜ですから。

日本代表だって、指揮官が替われば招集されるメンバーも変わります。
あり得ない平等にこだわるよりも、その方が誠実かと。

セレクションに子どもを参加させる親は、そこのところは理解していると思いますよ。

がんばって!

割り切りましょう

チームカラーは指揮官次第
その色にあった選手が選ばれる。

選手は選ばれたら素直に喜ぶ。
選ばれなかったら自分に選ばれるだけの実力がなかったと考えて次に備え練習する。来年の無い6年生でも例外では無い。

県外に遠征に行くということは、新潟県のBBガールズの代表ということ。
フレンドシップマッチに参加した、そしてそこに参加もできなかったBBガールズの思いもしょって行かなければなりません。

大変だとは思います。
でも、割り切りましょう。
時に非情になることも必要です。
情の深い頓所さんにはつらい半日になるかもしれません。
でも、どんな結果になろうと、ここまで頑張って下さった頓所さんを始めとする普及委員会の皆さんの判断をみんな尊重してくれると思います。

ありがとうございます

みなさんのお言葉は、勉強になります。そして心に響きます。みなさんの言うとおりですよね。新潟県の代表として行くわけですから、そのつもりで選考合同練習はおこないます。

初めてねことばかりなので、運営側も手探りです。準備は頑張っていますが、悩んだり、考えたり、ほんとに毎日がはやいです。

でも、いまみんなでやりとげようとしているこのBBGの活動は、間違いなく必要!やらなければいけません!

時間はかかるかもしれませんが、彼女たちの未来のためにもみんなで頑張っていきましょう。

私ももっと強くならねば(>_<)がんばります!!