FC2ブログ

庵地焼 旗野窯 3

11_20100109181143.jpg
正面の大口から薪を入れ、窯の温度を上げていきます

12_20100109181143.jpg
もうすぐ温度計の針が1300℃に達します
13_20100109181142.jpg
1300℃に達したら一番目の房の側面から小さく割った薪を数分置きに左右同数(20~30本程度)手早く投げ入れます
この作業を「セメ」と呼んでいました
「温度上がってきたから、そろそろセメに入るかぁ」てなかんじです
「攻め」なのか「責め」なのか… 未確認です
※間違った使用例「夏になるとセメがミンミンと鳴く」 誤使用に注意して下さい
 
セメを幾度も繰り返す事で房内を1300℃以上に保ち続けます
翌日の未明までかかり、三つの房の焼きが終わります
窯全体で七つの房がありますが、今回は三つの房が使われています(上段の四つの房は空の状態です)
14_20100109181142.jpg
華麗なフォアハンドのエアマモでせめる!
(飛んでないのでエアではないですけど…)
15_20100109181142.jpg
上の穴からチョットのぞくと、大きな器が真っ赤っか!
セメが完了し、自然に温度が下がるまで待ちます
16_20100109181141.jpg
そして、三日後
いよいよ窯出しの日、安田へ急ぎます

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

マモル建築株式会社
 社長:五十嵐守氏

・どうやら今年2010は、
 マモルだけじゃなくで
  セメルで勝負らしい。
  (セメル建築株式会社?)

・ちょっと違和感あるな~あ!
 
・BBG:DDICセンター長としても
 せめて攻めて責めて?
 普及活動に邁進してくださいませ!
 ご健闘を心より祈念いたします。