FC2ブログ

選抜選考会がおこなわれました

9月20日 秋晴れの中 選抜選考会がおこなわれました

DSC02658.jpg

まずはじめに、シーズン中にもかかわらず、この選考会に選手を参加させて
くださった各チームの監督さん、及びチーム関係者の皆様、本当にありがとう
ございました。今年も31人という沢山の選手がセレクションに参加をしてくれ
ました。

そして今年は、去年以上にレベルの高い選抜選考会になりました。
あきらかに、どの選手も技術面も精神面も、成長していて、自チームでしっかり
練習してきた成果と、そして日々の彼女達の努力をとても感じました。

DSC02655.jpg

今年の選考会は、お父さんたちにもビブスを着てもらい、バッティングピッチャー、
ノッカー、キャッチャー、ボール拾いと、本当に沢山のお手伝いをしていただきました。
そのなかで、選考委員の7人は、しっかりと選考に集中することが出来ました。

今年の選考基準としては、もちろん、野球技術が高い選手!!というのは、あるの
ですが、それと同じくらい、チームに貢献できる選手、協調性があり、礼儀もしっかり
している選手、大きな声で、全力でプレーできる選手。こういった面も、しっかりと
基準の中に考え、選手をみさせていただきました。

DSC02686.jpg

DSC02719.jpg

ショートバウンドの球の処理。送球。
全力のピッチング。制球力のある投手。
力強いバッティング。シャープな振り。

とにかく、今年の選考会では、選手達のレベルが、本当に高かった。
それが正直、とても嬉しかったです。

DSC02743.jpg

最後には、今日ずっとお手伝いをしてくださった保護者の方に、みんなで挨拶。

本当にありがとうございました。

「今日の選抜選考の結果は、必ず、合格か不合格という形で出ます。でもそれが
すべてではありません。この選抜選考会で全力で頑張ったことを胸に、誇りとして
持ち、この先も、ずっと野球を続けてもらいたいです。
20歳になっても、30歳になっても・・・頓所のような年になっても・・・野球が大好きで
離れられない(^^)そんなBBガールズ達が、この先、どんどん増えてきたら・・・
素敵だなと思います。野球を愛する気持ちをこれからも持ち続けてください☆」


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは

昨日はお疲れさまでした。
うちの娘も出させてもらいました。

周りには上手な女の子、男の子にも負けない女の子がたくさん見れて感動しました。

娘は自分なりきに精一杯、頑張って悔いはないと言ってました。
そしてこの女の子達、小学校を卒業した後は野球を続けていくのだろうか…って私なりに考えたりもしました。

北区の方には中学生以上の女子野球が発足したみたいですが…それ以外はまだ皆無。

早くあちらこちらで発足したらいいなって思います。

そして話は変わり今年は目指せ優勝ですね!

これからも大変ですが、これからも普及委員会の皆々様。

お体には気をつけて頑張ってください。

お疲れ様でした

昨日はお疲れ様でした
そして大したお手伝いもできず申し訳ありませんでした。v-393
何分野球好きではありますが、野球経験の無いど素人なもので、娘に「パパの分(笑)」とビブスを渡されたときには超焦りました。「球拾いぐらいなら・・・」なんて書かなきゃよかったと大後悔v-12
しかし、又みんなと再会でき楽しげに練習している娘を間近で見れて良かったです。
まあ、レベルの差も間近で実感できましたので、あとのフォローはお任せ下さい。

・選手が真剣なら、
 選考委員も真剣にならざるをえない。

・選考委員の方は、
  さぞこの休み期間、
   このことで頭がいっぱいだったことと
    察します。

・選ぶということは、落とすということ。
 ここはお互い真摯に現実を直視するしかない。


・世界柔道女子チャンピオンの
 福見友子選手は、
  過去2度、田村亮子(のち谷亮子)選手に
   勝って代表に選ばれなかったことがある。

・しかし、腐らず、選ばれる選手になるしかないと
 努力をつづけた。
 
・そして、今年ついに世界を制覇した。
 

 

・今日の日報朝刊16面に
 BBG選考委員の松本さんが
 工場長をしている
 見附市のハニーインターナショナルさんの記事が
 掲載されています。
 松本さんの会社は知る人ぞ知る
 あのイチローがWBCで袖を通した
 ユニフォーム生地を作っている会社です。
 新潟県の誇る技術集団です。
 
・いつか、皆もその松本さんが織った
 ユニフォームに袖を通す日がくるといいな
  そう願ってます。
   力めBBガールズ
    負けんなBBガールズ!

選考

今年の選抜選考会は、本当に、選手のやる気と、今までの努力がわかるものでした。確実にレベルアップをした状態で、各選手が集まり、選考会の雰囲気も去年とは比べ物にならない。それくらい、選手の必死さも伝わってきました。

だからこそ、選ぶ側も真剣です。

そして、もう少しお待ちください。

きちんと選考結果が出次第、まずは、選手個人個人に郵送で連絡をします。そのあと、ここで報告となると思います。新潟のBBガールズ達の、野球へ対する情熱を、わたしは、もっともっと多くの人に知ってもらいたいなと・・・つくづく感じました。