第2回 BBガールズフレンドシップマッチを終えて (続き)

今回のフレンドシップマッチ初参加の選手のチーム関係者の方から
とても嬉しいメールをいただきましたので、ここでご紹介させていただきます。

もちろん、フレンドシップマッチの大会の運営に関しましては、まだまだ
不手際もあり、大成功とまでは、いえません。今年も課題は残りました。

それでも、このフレンドシップマッチは、野球を愛する女の子が、女の子だけで
一日中大好きな野球を楽しめる夢の一日として、しっかりと継続をしていきたいと
考えています。皆様からのこのような暖かなメールは、私達普及委員会の励みと
なります。本当にありがたいです。

では、メールの文章を少し短くして、掲載します(^^)

下記、今回いただいた本当にあたたかいメールです。
弥彦のN様、ありがとうございました。BBGの未来の為にも、私達
普及委員会一同、これからも、全力で頑張ります☆



BBG普及委員会及び関係スタッフ 様
 
昨日は娘達が大変お世話になりました。有難うございました。
天候にも恵まれ、素晴らしい会場、そして何より素晴らしい熱いスタッフに恵まれ、娘達はもちろん、保護者達も十分楽しめた一日になりました。感謝しております。

弥彦から初参加させてもらったのもあり、保護者として何をすれば良いか分からず、なんらお手伝いも出来ず、申し訳ございませんでした。

娘達も最初は戸惑いやら不安もあり、かなり緊張した中でのスタートだったようですが、最後の方では、何とか周りの子達に馴染めたようで笑顔が見られました。(行きの車中、何を言っても無言で、帰りの車中は笑顔でしゃべりぱなしでした。)
またプレイの方では、かなり刺激があったようで、自分達の現状のレベルが、どれ程の物か分かったようで、大会で得た課題に向け、自チームで練習を頑張り、また何か女の子達だけのイベントなどが有れば、ぜひ参加させていただきたいと言っておりました。その際は、ご面倒お掛けしますが、ご連絡等いただければ有り難いです。お願い致します。

しかし、娘達もビックリしてましたが、集まった女の子達のレベルの高さにはビックリでした。
本当に野球が好きだからこそ、あのレベルまでのプレイが出来、楽しめるんだなぁと、親子共々、再認識させられた一日でもありました。

ワールドカップ女子日本代表選手にも会え、娘達は勿論、集まった女の子達にとって、なによりもの楽しい、夏休みの思い出になった一日だったと思います。記念撮影の時の女の子達の笑顔が輝いて見えたのは、私だけではないと思います。

なかなか大変でご苦労もあると思いますが、この大会は、娘達のように自チームでなかなか出場機会が無い女の子達にとっては、好きな野球を一日中楽しめる、唯一の目標であり、憧れの大会だと思います。

一保護者として何をお手伝い、協力が出来るか分かりませんが、来年以降もこの大会が発展していくことを、心より祈念しております。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント