FC2ブログ

岩手絆ガールズ発足

岩手日報2/6

「女子野球の楽しさを発信したい」。遠野市を拠点に県南や沿岸の児童を集めた女子野球スポーツ少年団「岩手絆ガールズ」(佐々木幸浩代表、選手16人)が発足した。本県で女子の選抜チーム結成は初めてで、メンバーは普段各地域のスポ少で男子と練習している。チームは3月4日と18日に一関市で男子チームと練習試合を実施。同25日に宮城県で開かれる女子野球交流大会に出場。女子野球のすそ野拡大を目指す。

 チーム結成は、女子野球チームの東北大会開催に合わせて計画された。本県で野球がやりたい女子児童は、地域のスポ少で男子と一緒にプレーするのが一般的だが、「女子チームで試合をしてみたい」という要望も多く、女子選手が多い県南部でチーム設立に向けて関係者が協力した。

 選手は遠野市や、昨年9月に発足した一関ガールズ野球クラブ、陸前高田市などから選抜された小学5、6年16人。当面は選手が所属している各地域のスポ少のオフシーズンに活動し、チーム練習や交流試合に取り組む。

 5日は遠野市に集まり全員が「絆」の文字が入った帽子を初めてかぶった。基本技術の確認と連係プレーの練習を行い、及川信行監督(43)は「予想以上にレベルが高いメンバーがそろった。練習時間は少ないが、男子にも負けないチームをつくっていきたい」と語る。


記事には「昨年発足した一関ガールズ野球クラブ・・・」ともあります。
どんどん女子野球チームができつつあります、楽しみですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント